バースデイ

誕生日にこだわりがなかった

違うな
逆にこだわりがあるから
誕生日を知らないふりで通りすぎたかった


いい歳して定職にもつかず
やりたい音楽で成功もしていないことが
恥ずかしい

もうこれ以上歳をとりたくないから
めでたくなくて祝われたくなかった

ずっとそう思ってたし
今もまだ思ってるんだけど

おめでとうと言ってくれる人には
素直にありがとうと思える今年になった


俺がめでたいかは置いておいて
相手がめでたいと思ってくれることは
とても嬉しいことなんだと気付いたから

「こんな自分」というのはダサいけど
思ってしまうからしょうがないなとも思うんだけど
どんな自分だろうと
相手がめでたいと思ってくれてる

今までは自分のことばかりで
本当に独りよがりで
「いや、めでたくないですから」
とか言ってたんだけど

どれだけの人の気持ちを無視して
そしてないがしろにしてきたんだろう


申し訳ないと思ったし
やっぱり歳はとりたくないと思った

でも
ありがとうと思った日だった。

ありがとう。
29.5歳になりました。


おい

みてんじゃねーよ
なんか文句あんのかよ

おい

お前だ