日常

無人島へ二人で行ったらそれは無人島じゃない

投稿日:

昨日は吉祥寺でライブ。

人の企画に呼んでもらえるのは嬉しいし
好きな人たちもいたから余計に楽しかった


ずっとこうやって音楽しながら
好きな人たちの考えてることとか表現とかを楽しんで
のらりくらりと生きていけたらいいのに

才能が足りないから
どうしてもそれでいいと言えない

売れなくてもいいと言えない

そう言ったら何もしなくなる自分が目に見えるし
誰にも見てもらえなくなることもわかりきってるから



なんのために生きているのかよくわからなくなる

自分のために生きろとか言ったり言われたりするけれど
自分のためってなんだ

自分が本当にしたいことなんて
いつからかよくわかんない



君の心臓になりたいって
君を助けたいとかじゃなくて

誰かの役に立つ自分でありたいってだけなんだよ
人のためじゃなくて
完全にエゴ

いつまでたっても
自分一人じゃ自分の価値が全然わからない

人に認めてもらわないと自分がわからないなんて
ダサすぎる

無人島行ったらどうするんだろう
死ぬのかな


どっちにしろ
遅かれ早かれ死ぬのか

そんなもん
無人島行かなくても同じだった


もっと好きに生きたい



CDについて明日たくさん書く

頭が痛くて考えることが億劫。



お店周りは木曜に行きます
暇な人は会いましょう

    -日常

    執筆者:


    1. カミ より:

      わたしもよく考えます。
      仕事をなんのためにするか。お金や自分のためっていう比重が大きくなると、それだけじゃ駄目なんじゃないかとか他人に必要とされたいとか考えてしまって。
      自分の好きなように生きていいなら、他人のために生きるのもアリなのかな。

      0
    2. ゆうね より:

      他人があっての自分だって最近すごく思います。評価や意識で私という人間が形成されていくので、どうしても自分のためは人のためになってしまう。
      優しさも結局自分のためだと思っています。でもそれは悪いことではない。
      CDほんとに楽しみにしています。

      0

    コメントを残す

    2019年9月
    « 7月  
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30