バンド 日常

ただの発情期だろ

投稿日:

昨日1日落ち込み続けて
 
 
わかった。
完全にわかった。
悟った。
 
 
俺は今、
さみしいのだ…。
 
 
 
フェス、学園祭を終え、
家に帰ってきた俺は
ものすごい焦燥感に襲われていた。
 
 
落ち着かない。
 
 
 
返信もしないのに
ひたすらツイッターをみていたり
インスタをみてみたり
すこティッシュをしたり
 
「泣ける映画」で検索して映画を見てみたり。
 
 
しかしまったく落ち着かないのだ。
 
 
 
 
思い出していたのは
 
 
 
ムロフェスでダイバーをキャッチしていたのを見ていたこと
 
学園祭で握手してくださいと言われたこと
 
 
そして昨日の夜、見ていた
「しあわせの隠れ場所」
という映画。
 
 
 
すべてにおいて…
人と人の体が触れ合う瞬間に
感動してしまうのだ…
 
 
 
発情期…とかそういうことじゃなくて、
 
男と男でも、女と女でも
人と人が触れ合うのをみた時、
なぜか泣きたくなってしまうのだ…
 
 
 
前も書いたけど、
言葉で何回好きだと伝えるよりも
相手に触れる…抱きしめる…
 
それがどれだけ相手を好きだと伝えられるか。
 
 
 
抱きしめられたいし
抱きしめたい
 
 
他人を認めて
自分もここにいることを認めてほしいのだ…
 
 
 
 
悟った。
完全にわかった。
 
 
 
 
つまり…俺がとるべき行動はただひとつ。
 
 
 
 
 
海外にいくしかない…
 
 
海外でハグの文化を学びにいくしかない…
 
 
こんなハゲでもハグしてくれるのだろうか…
 
 
 
 
足りないのは…
人を愛する力…
海外に行ける力…
 
 
つまり…金…
 
 
 

 
 
 
 
お前からハグしにいけよ…いけよ海外…
 
  
  
 
海外がこいよ…
 
 
クソッ…!
 
 
 
来世はフランス…

 

    -バンド, 日常

    執筆者:


    コメントを残す

    2024年7月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031