日常

彼女のパンツを履いた日

投稿日:

マイヘアより彼女のことがわかる男

風の強い日だった
洗濯物をするのを忘れパンツがない俺は
しょうがないから彼女のパンツを履いてバイト先へと向かった

ブラジャーのホックを外す時だけ彼女の気持ちがわかるというが
パンツ履いた方が絶対彼女の気持ちがわかると思う。



それにしてもなんだこのパンツは。

小さい。
なんでこんなに締め付けてんの?
常に股鍛えてんの?

誰だよこんな形で考えたやつ

ムレる。破れる。
これならふんどしの方がいいと思う。

今年のクリスマスはふんどしをあげよう。

少しだけ彼女の気持ちがわかった気がしたが

それ以上に
変質者の気持ちがわかった気がした。



絶対に人に見せられない環境。
ズボンの下に彼女のパンツを履いて働くという暴挙。

ノーパンで働いたことなら何度かあるが
そんなものの比じゃなかった


いつもと同じ作業なはずなのに緊張と不安で胸が痛い
事務のおばさんに話しかけられるだけでドキドキする

…なにこれ…これが…恋?



誰にも気付かれずに1日を終え
いつもと同じように挨拶をして帰る。

何かが自分の中で変わった気がした。
変わったのは布切れ一枚だけなのに。

こんなパンツ一枚で自分の人生の思い出ができるとは思ってもみなかった

ブラジャーのホックは外せないが
女の人に少し優しくできる気がした



相手の立場になるというのは大事なことだ。

いろんな物を手に入れた気がする。


そして、
同時に失った気もしている。


一回でいい。
彼女がいる人は彼女のパンツを履け。



そして
一回でいい。

二回は履くな。
二回履いたら多分ダメだ。



▼リリース情報

3markets[ ] 2nd Mini Album
「君の心臓になりたい」

2018年9月26日リリース

1, 拝啓、1メートル。
2. メンヘラ女とクソ男
3. 行方不明とタクシー
4. アイちゃん(仮名)
5. 底辺の恋
6. 寝ても寝ても眠い
7. アルバイト

LFRR-0009/¥1800(税別)

タワーレコードオンラインは予約→
http://tower.jp/item/4765719

    -日常

    執筆者:


    1. ゆうね より:

      パンツが入ったのがすごいですね。
      風間さん細いから…。
      風間さんがそういうのに目覚めなくてよかったです。

      1+

    コメントを残す

    2020年9月
    « 8月  
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930