日常

「写真撮ってください」「いいよ」

投稿日:

職場(バイト先:病院)に1人だけ大学生の女の子がいる。

この春にバイトを辞めるのだけど
どうやら院内に好きな先生がいるらしい。
 
 
その先生が通るたびにその子の目が輝く。
なんだこいつってくらい輝く。

その女の子のことを好きとかは全くないのだけど
なんだか男として負けた気になるから不思議だ。
 
 
…いや、
 
全然不思議じゃなかった。
どう考えても負けてた。ボロ負け。
 
 
その子がどうしても先生と写真を撮りたいと言う。
 
「写真撮って」って言えばいいのに
その一言すら言えないらしい。
 
 
バンドやってて写真撮ってって言われることが奇跡的にあるけど
その子たちも勇気出してたりするんだろうか。
もうちょっとちゃんと髭とか剃った方がいいんだろうか。
笑顔とかした方がいいんだろうか
いっそのこと整形とかした方がいいんじゃないのか?
 
  
  
その先生と写真を撮るために色々頑張ろうとしてたら

結果的になんと
一緒に飲みにいくことに。

俺も。
 
 
先生と飲める機会なんてなくて
テンション上がって
飲んではしゃいでしまった結果、
 
 
先生に
「カザマくんは楽しい人」
と認識された。
 
 
辛い。
これから先生に会うたび楽しくしないといけないのか?

なんで俺は頑張ってしまったんだ?
あの子を差し置いてベラベラと。
俺が先生と付き合いたいんか??あ??
 
 
しかし、今まで一度も話したこともなかった先生の口から
「カザマくん」

と自分の名前を呼ばれた時のなんとも言えない気持ち。
これが認知される喜びなのか??
 
 
 
うーん…どんどんいづらくなっていくから
早く…早くバイト辞めなきゃ…
 
 
でも辞めたら何するんだろう
新しいところに行くのも怖い

また新しいところで急に頑張りすぎて
大変なことにならないか
 
 
 
毎日が相手と本当に一期一会で二度と会わなかったら
世の中もうちょっと楽なんじゃないのか
 
 
寂しい考え方なのかな。
 
 
 
あの子の恋が実って先生と毎日会えますように。
 
 
 
 
 
PS


ライブ無くなりすぎて辛い。

    -日常

    執筆者:


    1. ゆりさん より:

      めちゃめちゃ勇気出して風間さんに写真撮ってもらったことあります!
      私はいつもの風間さんでいてくださるのが1番うれしいです!

      1+
    2. 匿名 より:

      私、風間さんと写真撮らせてもらったことあるけど、普通に声かけるのも緊張したよー!

      1+
    3. 匿名 より:

      すきです…ダブルピース待ち受けです…

      0

    コメントを残す

    2020年4月
    « 3月  
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930