歌詞や歌詞についてやら

アルバイト

投稿日:2019年10月5日 更新日:

僕の仕事は救急車の受付
中学生でもできる簡単なお仕事
毎日当たり前に人間は死ぬもんさ

今日も救急車のサイレンが鳴る

 
自殺者が後を絶たない 2月 5月 年中
ODにリストカット 首吊り 飛び降り
いなくなった人のことはもう どうでもよくなった

本当に辛いのは
残された人

13歳の少女が自宅で首を吊る
70歳の老人が
「私は邪魔だね」って農薬を飲む

僕はそれをPCに打ち込むだけの
簡単なお仕事

たんたんとキーボードを叩く
中学生でもできる簡単なお仕事

 
交通事故で人が死んだ 先生たちは笑ってる
受付前の廊下では家族たちが泣いている

亡くなっても身元すらわからない人
判っても誰も誰も会いに来ない人
死んだら教えてくださいねって伝えてくる家族

14歳の少女が母親に虐待された
6歳の小学生は僕の目の前で亡くなった

僕は それを
PCに打ち込むだけの簡単なお仕事

3階の病棟から受付に電話が入る
「赤ちゃんが産まれました」って連絡が来る

僕は それを
PCに打ち込むだけの
簡単なお仕事

たんたんとキーボードを叩く
中学生でもできる簡単なお仕事

  
 
 
 

 


深夜
飼い犬が鳴いているから
様子を見に行ったら
息子がクローゼットの中で
タオルで首を吊っていた

今、その患者さんが運ばれてきた
なんだかとても落ち込む

何かできることがあるわけじゃないのだけど
ただ悲しい

発見した親の気持ちになると
ただ悲しい

うつの人が亡くなると
悲しい や さみしい
みたいなものと

羨ましいという気持ちが少しだけ沸く

    -歌詞や歌詞についてやら

    執筆者:


    1. 匿名 より:

      羨ましいという気持ちは分かります。
      分かるけど普段は出したらだめだから苦しいなと思います。

      0
    2. おじいちゃんが家の駐車場で車をバックした時に遊びに来た孫を巻き込んでしまったというニュースを聞いて悲しいし、その家族もだけどおじいちゃんの気持ちを考えると胸が痛いです

      0

    コメントを残す

    2019年10月
    « 9月  
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031