バンドメンバー 綺麗な別れ方

きっと君はこない

以前のバンドメンバーが結婚をしたと聞いた

ついでに昔公務員になると言って辞めた子も調べてみたら
森林を切る仕事?をしているようだった


なんの感情も沸かなかった
あれだけ長い時間一緒にいて
寝食も共にして
おおよそ青春の延長戦みたいなものを戦った仲間に
何も思わなくなった

今までありがとう?
幸せならばそれでいい?
不幸だったらざまあみろ?
バンドを選ばなかったことを後悔させてやる?

何にも思わない?


そんなわけない

何にも思わないようにしないと
とてもやってこれなかった

こいつらとはもう他人になったんだと
そう思わないと前になんて進めなかった


彼らとは辞めた後一回もあってない

会おうとも思わなかった
街で偶然あっても下を向いて通り過ぎるんだろう
同じ車両に乗り合わせても違う車両へ移動するだろう



綺麗な別れ方ってなんだろう。
そんなもんあるんだろうか。


「不幸だったらざまあみろ」


そんな風に思う他人を自分の中に作らないように
何も感じないようにするしかなかった。



なんの感情も沸かないなんて嘘

心の奥底であの日たちはまだ沸騰している
その熱量で自分はまだバンドを続けていられるのかもしれない


そう思えたらこんな気持ちをくれて
ありがとうなんて言う日が来たりするのかな



来ないな。

彼らがライブに来ないくらいに
そんな日は来ないな。




▼リリース情報

3markets[ ] 2nd Mini Album
「君の心臓になりたい」

2018年9月26日リリース

1, 拝啓、1メートル。
2. メンヘラ女とクソ男
3. 行方不明とタクシー
4. アイちゃん(仮名)
5. 底辺の恋
6. 寝ても寝ても眠い
7. アルバイト

LFRR-0009/¥1800(税別)

タワーレコードオンラインは予約→
http://tower.jp/item/4765719