バンド

カウントダウンジャパンにどうしたら出演できるの

投稿日:2019年1月6日 更新日:

カウントダウンジャパンに出るにはどうしたらいいのか
もう一度考えてみた。

昔も出演したくて考えて挑戦して
そして諦めてたカウントダウンジャパン。

でも去年テレビとか流してもらえたり
本出させてもらえたりして
「もしかしたら自分も出れる可能性があったりしないのか?」

と再度思い立って
というか調子に乗って
去年の12月あたりに勢いで

「来年はカウントダウンジャパンにでる」
と決意表明した。


無謀だろうがなんだろうが
目標がないと人間はともかく
バンドは腐っていきがちだし。



決意を聞いた宮武マネージャーから
「じゃあ現場を見に行きなさい」
と言われて。

そして気づいたんだ。

俺はやはり生ゴミだった。すでに腐り始めてた。

何がゴミかって、
もうカウントダウンジャパン(以後CDJ)に
かれこれ7年?くらい行っていなかったのだ。

現場も知らないのに出たいとかゴミofゴミ。

「有名だから曲知らないけど対バンしたい」
とか言ってるバンドマンと同じ。

「フォロワー数多いから人気だ」
と信じ込んでるバンドマンと同じ。



百聞は一見にしかず。
よしいく!

ってなったけど、
じゃあどうやって??行くの??
CDJチケットソールドしてるし。

そこはマネージャーがなんとかしてくれる…わけもなかった。

現実は厳しい。メルカリかな…。


さっそく夢破れてたところに
下北沢にて18で出会った
某バンドのSさんが
そういうことならと招待してくれて。

圧倒的感謝。
本当に。この人、すごい人で。
感謝しかない。ステージも観に行ったんだけど素晴らしいって言葉じゃないな、
やばいしか言葉出なかった。やばい。


というわけでSさんのおかげで
破り損なった手作りの夢の地図を拾い集めて向かったCDJ。


12/31当日、まず入った幕張メッセの感想。

こんなに人間っていたの…
武道館よりも全然いる…

っていうか、
世の中にはこんなに音楽好きな人がいるのか。

CD売れないとかライブに人来ないとかほざく前に
自分らにできてないことがたくさんあるのだと
改めて痛感させられた人間の数。

痛感以上に人の波にすごい感動した。
まだまだ音楽捨てたもんじゃないのかな。

クロークは捨てられたゴミ袋みたいだったけど。


クローク置き場。ゴミ処理場にしか見えない


ゴミもなんだけど人も多すぎて
頭に入ってくる情報が処理しきれない

会話とか服装とか会場とか
出店とかフードとかまぜそばとかクレープとか
ステーキとかカニクリームコロッケとか肉まんとかかき氷とか!


無理

感情と食欲が追いつかない


もうこれは目を潰すか耳を塞ぐか鼻栓するかして
自分の五感を失わないと頭がパンクする。


とりあえずジーマを飲んでアホになって
キュウソからライブを観に行った。

キュウソネコカミ→DATS→NICO Touches the Walls→ドラマチックアラスカ→ゲスの極み乙女。→阿部真央→KOTORI→KANA−BOON→サンボマスター→バックドロップシンデレラ→忘れらんねえよ

全て見終わる間に
自分がどうしたらこのステージに立てるのか
アホなりにずっと考えてみた。



結論…

わかんない!!


あ、いや、わかったこともある。

今現在の状況として
自分がこの場に全く必要とされてないことがわかった。

観に行ったバンドに共通してることを挙げてみて
何が自分に足りないのか
考察してみた。

なんとなく感じた5つの共通点

1キラーチューン
2煽り
3バンド名
4集客
5気合い



…考察。


1 キラーチューン
どのバンドもアッパーな有名曲を持っている。

やっぱりロックフェスだからなのか
盛り上がる曲というのは必要不可欠なんだろうか

盛り上がるってなんだ…。
別にウェーイとかじゃなくていいんだけど
胸が熱くなって拳突き上げたくなるような
そんな曲をどのバンドも持っていた。

必要なんだろうな。
少なくともキラーチューンと呼ばれる曲が
今自分のバンドになさすぎる。

キラーチューン。
殺す曲。書かないと殺される。そしてみんな死ぬ。
プレッシャーで死ぬ。辛い。

プレッシャーでみんな死ぬって曲でも書こ…。
こういうのがダメなんだよ…。


2 煽りがある
いけんのか幕張、みたいな。
踊れ!みたいな言葉の煽り。
だいたいどのバンドもあった。


これが…できない。
他人に何か強制させることがどうしてもできない。

勝手にやる分には踊ろうが手を挙げようがなんでもいいんだ

ただ、
人にやれと言われてやるものにどれほどの意味があるのか
とか考えてしまう

性格がフェスに向いてないんだろうか。
そもそも向いてる人っているのか。

これに関してはできる気がしない。

盛り下がってますか!だったら言えそうなんだけどな。

いけんのか自分!とかだったら言えそうなんだけどな。
いけんのか金子!(うちのベース)とかなら言えそうなんだけどな。

要検討案件。


3 バンド名
みんなバンド名がいい。
バンド名見ただけでなんとなくバンドをイメージできるバンドが多い。

うちはそこがすごい弱いと思った。
3markets[ ]って名前よくわからない。

どっちかといえばメロコアよりな名前な気がする。

改名かな。
最近改名してもスリマって略せるバンド名で
「スーパー リトル マングース」
っていうのを提案したら却下された。

グッズ化まで視野に入れてる可愛いバンド名なのに。
ハブと戦うのが目標。


4 集客
CDJのステージってこんな広いん?
一番小さいところでも何千人って入るから
どうすればいいかまた頭がアホになった。

集客する、というより
こういうところでは知名度というべきかな。

ちゃんとみんな人が集まる。すごい。
うちらが今出ても
全く集まらない気がする。

どうしたら知名度って上がるものなんだろう。
コツコツやるしかないのか。

それこそCDが売れたりだとか
MVがバズったりだとか
でかいフェスに出たりだとか

何かしらのきっかけが必要なんだろうな。

これはもう挑戦して発信していくしかないんだろうか。


5 気合い
みんな、絶対自分が一番だと思ってる。
そう感じた。


俺、未だに自分が歌う曲に関して
こんな音楽誰が聴くんだろう
誰のためになるんだろうって思うことがたくさんあるんだけど

そんなこと考えながら歌ってる人は
少なくとも1人もいなかった

「自分の音楽を聴いてほしい」

そう思ってる人しか立てないステージなんだろうなと思った


いや、これはきっと
CDJじゃなくて
ライブハウスでだって当たり前のことなんだろうけど。

「誰が聴くんだろう」はまだしも
「こんな音楽」というのは
来てる人にも作った時間にも失礼だ。

反省した。



まとめて考察してみて思う。

やっぱりわからない。

はっきり言って
1〜5を満たしてるバンドなんていくらでもいる。

どうしたらあのステージで戦えるんだろう


こういう時 逆に他のバンドに無くて
自分らにだけあるものはなんだろうと考えてしまう。

同じことをやって勝てるわけがないという
自分の器をよく知っているから。

お客さんが見たい、聴きたいと思うこと
興味を持たれるもの

そんなものが自分にあるとしたら
どこにあるんだろう。



結局は
いい曲を書いて
いいライブをするしかないんじゃないだろうか

なんて
また逃げ道みたいな
答えとすら呼べない地点に着地しようとしてしまう。

だってわかんないんだもん。
全然わかんない。



ただ出たい。
一度でいいから出たい。



悔しい。

何より羨ましい。

飲んでるビールが苦く感じるほど悔しかった。


こんなところで
ステージを見上げて酒飲んでる場合じゃない。
いい曲書こう。それしかバンドマンのやることなんてない。

今日の悔しさも歌詞になるんだ。


するんだ。



PS.

ライブキッズのあるあるを実際に体験してきた


あの子たちのルールってどこから来てるのかわからないんだけど
ライブ中に物を落とすと異常に反応してくれてびびった

絶対拾ってやる!みたいな。
多分もうマナーとしてあるんだろうな。すごかった。


あと何よりすごかったのが

カウントダウンの瞬間に周りにいくつもサークルができていった。

あ、やばい俺もサークルに巻き込まれるのか?って身構えたら
…全然お呼びじゃなかった…ハブられた…俺はキッズじゃないんだ…

年越しの後、急に
そのサークルの中の1人が泣きだした。

それにつられて周りの子達も泣きだした。

きっとそれは年を越したことに感動したのではなくて
年越しの瞬間に大好きな仲間と過ごせたことに感動したんだと思う。そう見えた。

青春がかけがえのないものだということを
きっと彼ら彼女らは知っているんだ


それを見て俺も泣けてきた

失ってしまった青春

ではなくて
俺にはそんな青春自体がなかったから。

悲しくて悲しくて泣けてきた。


羨ましい!!!くそ!!!!!

ライブたくさん更新した!!!!



▼ライブ情報
1/12(土) 下北沢 近松
-KARMA- pre. 早めに宿題終わらせて最後の冬休み満喫するぞツアー
出演:3markets[ ] / -KARMA- / ユレニワ
時間:open 18:00 / start 18:30
料金:前売 \2,500 / 当日 \3,000 (別途+1drink代)

冬休みなんてない。俺は一生夏休みしてる。
・チケット予約はこちら


1/13(日) 今池TOKUZO – 得三 –
“砂場『最果ての日に』リリースライブ”
出演:3markets[ ] / 砂場 / HoSoVoSo

時間:open 17:30 / start18:30
料金:2500

好きな人の新譜が出るたびにファンの気持ちがわかる気がする。楽しみ。もう聴かせてもらってるけど。
・チケット予約はこちら


1/18(金) 青山 月見ル君想フ
『新・松崎しげらない』
出演:3markets[ ] / そのうちやる音 / 麻痺するポケット
時間:open 18:30 / start19:00
料金:2500

やる音さんはずっとやりたかったから楽しみ。このライブハウスのステージに出るという月が怖い。。


1/19(土) 四谷天窓 ★かざまソロ公演
『井上緑×ミドリカワ書房×かざま(3markets[ ])』
出演:カザマタカフミ(3markets[ ]) / 井上緑 / ミドリカワ書房
時間:open 18:30 / start19:30
料金:2400

りょっ君もミドリカワ書房さんも好きなので嬉しい。結構カオスな日になりそうな予感。
・チケット予約はこちら


1/29(火) LIVE SQUARE 2nd LINE
LIVE SQUARE 2nd LINE pre. 『新春!三つ巴スリーマン』
出演:3markets[ ] / ももすももす / レベル27 / +(O.A)
時間:open 18:00 / start18:30
料金:2500

・チケット予約はこちら
ももすももすになってから初めて見るから楽しみ。奥田君インフル心配。俺も今風邪ひいてる。自分のことからしっかりする。


1/31(木) 吉祥寺Planet K ★かざまソロ公演
Planet K 20th ANNIVERSARY「再会」
出演:カザマタカフミ(3markets[ ]) / 海北大輔(lost in time)/ 篠塚将行(それでも世界が続くなら)/ 町田直隆(moke(s)) / らせん。a.k.a 上里洋志(Half-Life) / and more (O.A)THE GOD LIKE CHORD
時間:open 17:30 / start18:30
料金:3000

・チケット予約はこちら

先輩方がたくさんいるので負けじとやる。殴られたくない。


2/3(日) 名古屋 でらロックフェスティバル
※サーキットイベントです。
出演:たくさんいる
時間:open 12:00 / start12:30
料金:1日券(前売) \4,300 / 2日通し券(前売) \8,500 (どちらもDrink代別)

・チケット予約はイープラスから。
東名で始まる工事が怖い。


2/8(金) 大阪 南堀江knave
あの娘を追いかけた先のライブハウス vol.4
出演:3markets[ ] /脳内麻薬ズ / オトエスト /andmore..
時間:open 18:30 / start19:00
料金:2000

・チケット予約はこちら

タイトルの、あの娘を追いかけた先がライブハウスだったって話、これ もしかしたらストーカーされてて逃げ込んだ先がライブハウスだったのかとか想像してたら演奏側としてはストーカーが追いかけるのを忘れるくらいのいいライブしないといけないななんて考えましたけど多分違うんだろうな。なんでもないです。


2/12(火) 吉祥寺Planet K
『Planet K 20th ANNIVERSARY公演』
3markets[ ]× THURSDAY’S YOUTH pre.
「なんかやりたかったvol.1」

出演:3markets[ ] / THURSDAY’S YOUTH / 日向文 / レベル27
時間:open 18:00 / start18:30
料金:2700 / 3500

・チケット予約はこちら
なんかやりたかった!!


3/2(土) 見放題東京2019
新宿12会場大型ライブサーキット
出演:ものすごいたくさん出る
料金:4000
・チケット予約等、公式サイトはこちら

初見放題!!人が来なかったら死ぬ!!怖い!!


3/16(土)、3/17(日) 福岡 天神ONTAQ’2019

福岡での大型サーキットイベント

出演:やっぱりたくさん出る
料金:4000
・チケット予約など公式サイトはこちら

初福岡。せめて一回くらいは行こうよと初福岡。よろしく。


▼リリース情報

3markets[ ] 2nd Mini Album
「君の心臓になりたい」

2018年9月26日リリース

1, 拝啓、1メートル。
2. メンヘラ女とクソ男
3. 行方不明とタクシー
4. アイちゃん(仮名)
5. 底辺の恋
6. 寝ても寝ても眠い
7. アルバイト

LFRR-0009/¥1800(税別)

タワーレコードオンラインは→
http://tower.jp/item/4765719


拝啓、1メートル。/ 3markets[ ]

    -バンド

    執筆者:


    コメントを残す

    2019年9月
    « 7月  
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30