日常

すごい速さ

投稿日:

ライブをしなくなってから半年経とうとしている
 
 
半年?
たった半年でこんなに変わるものなのか

自分は悪い意味で特に変わっていないのだけれど
世界はすごいスピードで変わっていって
それについていけないのを実感させられている

確認させられている、といった感じなのかな。

そもそも元々ついていけてなかったのを
目の当たりにしたというか。
 
 
 
バンドの活動ができなくなって
他に目を向けた時
他のカルチャーはもっと先へ進んでいて
 
それこそツイッターじゃなくて
Tiktok?だったりインスタだったり
どんどん進化していて。
 
世間が変わっていっても
 
まだずっとmixiから離れようとしないような
そんな感覚を感じるたびに
一から何かを始める勇気を持てない自分が嫌になる
 
 
死ぬときに人が後悔することの一位って
「失敗を恐れずに挑戦すればよかった」
 なんだって。
 
挑戦しないとどんどん何もしなくなる
何もしなくなるとどんどん鈍くなっていく
 
何もしなくても時間はどんどん進んでいく
何も得ないまま歳だけどんどんとっていく
 
 
毎週木曜日にツイキャスをするって決めてやってはみてるけど
毎週無力感に苛まれる なんでやってんだろうって
 
 
決めたからやってるし
やらないよりかはいいんだけど
 
「やらないよりかはいい」なんて程度のことを
やってる余裕があるのか?
 
もっとやった方がいいことあるんじゃないのか?
 
 
と考えているうちにまた足が指が止まってしまう
 
「考えるよりまず行動、結果は後でついてくる」
 
 
なんて言葉あるけど
考えないで動いたせいで結果が最悪だったらどうするんだ?
 
 
そう思うと怖くて動けない
こんな文章もきっと後で消すんだろう
 
臆病
 
 
何も手に入れていないはずなのに
失うことが怖いなんて
矛盾している
 
失うことが怖いのか
傷つくことが怖いのか
 
表現者に一番必要な資格を持っていない
 
技術とかじゃなくて
一番必要なものが足りていない。
 
 
自分を外に出すこと
  
 
持ってないんじゃなくて
足りてないんだと思いたい

勇気が
 
 
 
 

 
また自分のことばかり

飽きた自分に

    -日常

    執筆者:


    1. くすり屋 より:

      そんなカザマさんだから、スリマの音楽が、好きなんですよ

      自信満々な人が作った音楽なんて、完成しすぎた音楽なんて、つまらないし、響かない。

      今日も朝からスリマ聴いてますよ。

      明日から、明日から、ですよね。

      2+
    2. 海原をただよう より:

      20代前半までは、夢や、生きるための目標目的のない自分が、とても無意味に思えて、仕事が長続きしなくて、仕事を探す気力もどんどん衰えていって、生きていくことがとても大変でした。
      30代前後から一つの仕事を4年以上続けられるようになりました。それは金属加工の工場での現場勤務や、高齢者介護の現場仕事でした。

      40代前半の今の僕は、旅館の番頭をしていまして、8:00~19:30、21:30位までの仕事を日々こなして、家の買い出しをして、癌の自宅療養中の両親と共に三人生活です。

      夢は、今だに自分のなかに生まれていません。
      一つ願望があるけれど、それはこれから両親がいなくなってから1人だけで生きていくのは寂しくて耐えられそうにないので、共に生きていくパートナーが欲しいということです。

      両親は、微々たる年金しか収入がないので、気がつけば、両親との生活を成り立たせるだけで精一杯、働くだけで精一杯な僕の生活となっていました。

      こんなことを書いてきて、風間さんの力になれないかもしれないけれど、悩みながらも生きているということは、僕も同じですし、何か仕事に携わりながら生きていることは、1人の人間として最低限度がんばっていることだと、思いたいです。
      いや、収入を得るための仕事には自分の多くの時間が費やされているわけですから、最低限度と言ってはいけないものですね。

      こんな理屈っぽいこと書いてすみません。

      2+
    3. 二度寝 より:

      私は同じような考え方に陥り音楽をやめてしまいました。
      決めたことだから、って理由だけで動いてそれに感情が全くついてこなくて疲れてしまい投げ出しちゃいました。
      だからといってこれまで曲を作っていた時間やライブをしていた時間をなにか別のことに充てるわけでもなく、だらだらと過ごしています。
      そんな日々の中で久々にカザマさんのブログの更新通知がきて、なんだかとても安心しました。
      これからも応援しています。

      1+
      • 自分ももしも音楽をやめたらまったく同じことになりそうです でもいまそれこそ感情がついていない気がしていて。応援本当ありがとうございます。なにごとも後悔しないように選択していきたいです。

        1+
    4. てるてる坊主 より:

      そんなかざまさんに沢山の人が救われています。私もその一人です。

      0
    5. ねこ より:

      4日前に初めて知りアルバム全部聴きました。
      なんだかクセになりもっかい聞きたい!色々知りたい!!と思い、ここにたどり着きました。
      こんないっぱいすごい音楽作れるのに…私ももっと色々頑張らなきゃです…!
      まだまだにわかファンだけど、色んな人に勧めます!もっと知りたいです!!
      これからも頑張ってください!!!!

      1+
    6. 海原をただよう より:

      風間さんこんばんは。
      今晩も病院で夜勤してるのでしょうか。お疲れさまです。

      今、『(スタジオ・ライブ)先生、ライブがしたいです。二枚組完全版』を聴いています。

      突然ですが、僕は、カートが好きでした…。
      風間さんがアメリカ・シアトルのスリーピースバンド、ニルバーナのカート・コバーンを知っているか分からないけれども、カート・コバーンが風間さんの歌詞を目に、読み進めていったら、よく共感してくれたのではないかと思いました。

      カートは、複雑な人だったと思いますが、人としてとても素直な人だったと思います。

      0
      • コメントありがとうございます今日はスタジオでした こんばんは

        ニルバーナ、知ってるんですがあまり知らない感じです…自殺したということくらいしか…

        あんなに真摯に人生にも音楽にも向き合えていない気がします…おこがましくも……

        1+

    コメントを残す

    2020年12月
    « 11月  
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031