バンド 日常

いいライブ 悪いライブ 

投稿日:

初大阪ワンマン。
 
 
初めてのワンマン。
実は京都ではワンマンをやったことがあって。

その時は京都NANOのキャパ50人を本当にすごい頑張ったけど
埋められなくて
でも今回その倍近くの人が来てくれてびっくりした。

本当?まじ?みんなVRじゃないの??

ほんと多くても20人くるかなぐらいの気持ちでいたのだけど
97枚チケットが売れていて本当にありがたでした
 
 
イープラスとかさ
正直登録すらめんどくさいものに
みんながしてもらってると思うと
いいライブをして返したいと思うわけで

でもそういう時に限って
うまくいかなかったりするわけで…
 
 
ライブが悪かったとかそういうことじゃなくて
他人のことを考えすぎると
自分が一体誰なのかわからなくなるというか

これ、誰のための人生なんだ?
ってなってしまう
 
 
その場だけごまかして
自分がピエロみたいになれば
みんな楽しんでもらえるのかなとか
考えてしまったり

自我がない方が聴く人は楽だよなってわかるんだけど

そうすると自分が音楽を選んだ理由って
一体どこにあるんだろうって
 
 
こんなこと本当に何回も何回も言ってる気がする
 
 
お金払ってきてくれた人が喜んでくれたらそれでいい

それで終わればいいのに
それすらできてないのに
どうしても折り合いがつかない自分がいる

帰りの車内でまた安定剤を飲みながら
これはきっと間違ってるって目を瞑る

全部じゃないけれど
どこかが間違ってる

間違いから目を背けてる
 
 
 
そんなこと思いながら
東京に帰って松屋を食べて眠る

眠れなくてまた薬を飲む。
 
 
「もっといいライブします。」
 
 
いいライブってなんだろう

自分であることか?
練習を発揮することか?
他人が喜ぶことか?
 
 
「わかる人にだけわかればいい」は飲み込んだ
それだけは喉が拒んだ

MOROHAが言ってたけど
本当にずっとそう思っている
 
 
当たり前だけど
わからない人にもわかってもらえるライブがしたい。

それをちゃんとやりたい。

他人に甘えている。
自分から逃げている。
 
 
来てくれた人たち、本当にありがとう。
 
 
 
ありがとうって言っておけばいいと思ってる。
 
 
 
こんなこと書いてごめんなさい。
 
 
 
謝ればいいと思ってる
 
 
 
 
 
 
何も言わずに音楽だけで返せよゴミ。

    -バンド, 日常

    執筆者:


    コメントを残す

    2020年6月
    « 5月  
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930