好きなことを書く

何(と)もない日々 ①

投稿日:

バンド休まないか、という話を10月の末にした

自分の精神的に最悪のピークを迎えていて
朝、布団から起き上がることすらできず
身体中も痛い

自分の書いた曲も全くいいと思えないし
歌う歌も全くうまくならない

活動するにしても人も集めることもどうにも難しいし
希望が全く見えない

売れるとも思えないCD業界で
それでもCDを出すことの
「ただ頑張っている」というような虚しさ

毎週新宿までの車の運転でかかる4時間のストレス
増えていく年齢
期限のないものに対してダラダラと進んで朽ちていく感覚

希望と呼べる光がない中、
ただ終わらせることが光のような感じがした

ものすごい勇気で
みんなに「休まない?」
と話した

するとみんなも色々言っていたけど
結局結論も曖昧なまま今に至っている

みんなはどうか知らないけれど
きっと怖いんだ

音楽がなくなるかもしれない生活なんてしたことないから

マネージャーのミーヤンさんはとても頑張ってくれているけれど
なんだかうまく噛み合っていかない

ブログを毎日書く、
と言ったものの
毎日ツイートするだけでも苦痛に思う自分が
どうして書けるのだろう

自分を殺さないとこの世は生きていけないのだろうか

そんなわけがない

本当は
音楽は楽しいもので
人生だって素晴らしいものであるべきなんだ

「疲れているので近くのPAで早めの休憩を」

このフレーズは高速道路で見たものだけど
とても好きで俺が勝手に使ったものだけど

なんで自分は疲れているのに休みたいと言えないし
休めないのだろう

お金は別に欲しくないし
お金にそもそもなってはいないもので
どうして疲れてるんだろう

昔は「お金になっていないんだから好き勝手にやっていいんだ」
という考え方だった

今はいろんな人が手伝ってくれているからこそ
「お金になっていないんだからお金になるようにがんばらなきゃ」
みたいなものがある

それはきっと正しいことなのだろうけど
なんというかとてもくだらないものを作ってる感覚になる時がある

人が楽しんでくれるものを作る
喜んでくれるものを作る

とてもとてもいいことだけど

一番に自分が楽しめていないんじゃ
それこそ自分じゃなくていい気がしてくる

解決方法はあるのか
どうしたら楽しめるのか
歌が上手くなればいいのか

解決方法は売れることだと思って頑張ってきたけど
上手くいかない

損得で物事を考えられたらもっと楽なのに
お金で動ける人間だったらよかったのに

お金なんて少しでいい
自分の作ったものが認められたい
仲間と楽しく笑い合いたい

ただそれだけの人生でいい
そのために最低限必要なお金があればいい

オチはない

でも本当の人生にも
怖い話にも
リアルなものには大抵オチなんてない

青春はいつか勝手にいつのまにか終わる

ただそれだけのこと

こういうことを書いてる方がとても楽

ただそれだけのこと。

何もしないで都合良いく売れることなんて絶対ない

だから頑張る

それだけのこと。

PS


三日に一度、か二度はツイッターに上げないで
書きたいだけの文章書こうかなと思いました

そうしないと続かないと思うから

でもこれだけじゃそれも続かないんすよ

認められたいから

書きたいことを書くということ

それすら許されないなら
ここもやってる意味なくなるし、まあいいか

ここを読んでくれてる人は
自分に興味を持ってくれていて
通知を受け取ってくれてる人が大半で

そんな人数いないと思うけど
逆にそんな大事な人を不快にさせてたらすいません

でも三日に一度のつもりなので許してください

書きたいこと書いて
文章だけ読むと疲れてそうだけど
10月末に比べたら
3倍くらい元気

いや、10月はむしろ0みたいなものだったから
掛け算できないかもだけど

ダメだ、書きたいこと書いてるとおわんない

いいことだね
元気があるって

たぶんまた三日後に。

    -好きなことを書く

    執筆者:


    1. くすり屋 より:

      私も、10月は毎日、死ねたら楽になるのかしら、と思っていました
      ことの全てが、マイナスの被害妄想にしか変換できなくて。
      今年の10月は、きっとそういう、コロナ以外の見えないウィルスが流行っていたのかもしれないですね

      今はもう元気になりました
      カザマさんも、元気になりつつあるみたいで良かったです❗
      あの時、死ななくて本当によかった❗

      10月の日々があったから、今は人とのくだらない会話の中に、愛を感じます。

      カザマさんは、そのままでいてほしいです。損得考えてもいいけど、それで音楽作ったらファンは寂しいです。

      私も、友達とスリマの良さを拡散して売れるようにガンバります❗

      1+
      • 元気になったならなによりです!本当なにをやるにしても元気に勝るものはないなと。

        スリマの良さ!教えてほしいくらいわからない自分ですが本当に聴いてもらえてるだけで感謝です!

        3+
    2. 名無し より:

      休めばいいんじゃない。

      1+
    3. 海原をただよう より:

      おれ、風間さんが書く文章が好きだよ。
      でも、無理してまで書こうとしなくていいと思うよ。
      無理して書いても、内容が空疎になれば、それを書いた自らに対して、苛立ちとか落胆、失望のような感覚を覚えてしまうことだろうし…。
      自分の気持ちと頭が一致した時とでも言えば良いのかな…、そういう時に無理は抱えないで書いてほしいかな…。

      風間さんも、僕らと同じような頭と心をもっていて、同じような体で日々を生きぬいているように思えます。

      そういう感覚を歌に乗せているのが風間さんの歌でもあるようにも思えます。

      ずっと前…箭内道彦さんの深夜FM『風とロック』に出てくれた風間さん、僕は風間さんの話や『拝啓1メートル』がラジオから聞こえてきて、その言葉や歌に、すごく生々しさを感じました。
      『あっ、僕はこんな歌を歌いたかったんだ』と、かつて山形駅の路上ミュージシャンだった僕は、そのとき思ったのでした。
      『こんな歌を歌える人が出てきてくれて良かった』…と思って、なんだか安心しました。

      さんざん自分のことで苦しんできたから、風間さんのことを知ることができたから、僕はラッキーなのかもしれない。

      0
    4. カミ より:

      素直な文章。不快感どころか好感しかない。
      かざまさんのぐるぐるが、うたになって昇華されてるんだな、ってよくわかった。

      1+

    コメントを残す

    2021年4月
    « 3月  
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930